お問合せ & 応募

シェアメンバー募集中

西荻ペーパートライ

西荻ペーパートライ

西荻ペーパートライ presents
PAPER WORKSHOP TRY!

2017年3月18日(土)・19日(日)

西荻ペーパートライでは、3月18日、19日の2日間で3つのワークショップとトークイベントを行います。コドモもオトナも楽しめるイベントが盛りだくさんとなっています。是非足をお運びください。

■封筒で作るドキュメントファイル

好きな色の封筒を選び、紙素材を組み合わせて世界にひとつだけの文房具をつくります。
つくるだけでなく、紙をさわるたのしさと、日常で使うたのしさを提案するワークショップです。

■水引の基本『あわじ結び』にトライ!

日本の伝統素材「水引」の歴史や文化を学んで、基本の結び方『あわじ結び』を体験しましょう。あわじ結びで作れるラッピング飾りや栞、箸置き、アクセサリーなど簡単アレンジ方法をあわせてご紹介します。

■ペーパーピースで空想の街づくり!

紙のピースをつなげて、つなげて、出来上がったのは家?タワー?車?何ができるかは君次第。できあがったら並べてカラフルな街を作ろう。ペーパーピースで空想トライ!

■紙屋さんが話す紙の話」(トークイベント by 文青堂)

紙はわたしたちの暮らしに深く関わっていながら、同時に空気や水のようにふだん意識して使われることがほとんどない素材です。その中でも、ファンシーペーパーとは色、柄、風合いといった人間の感覚に訴えかける紙のことです。そんなファンシーペーパーを中心とした
様々な紙を取り扱う紙の商社である平和紙業の西谷さんにお話を伺います。題して「紙屋さんが話す紙の話」。ファンシーペーパーに焦点を当てて、紙を商品として扱う紙屋さんの視点で、様々な角度から「紙」を捉え、1枚の紙の表と裏をじっくりとお話いただきます。

詳細はこちら

紙で試みる拠点「西荻ペーパートライ」の立ち上げメンバーを募集します。

中央線デザインネットワークの2番目の拠点として、2011年6月にスタートした「西荻紙店」は、2015年10月でいったん閉店しましたが、装いもあらたに、2016年6月にパワーアップしてリニューアルオープンする予定です。

西荻紙店の空間を引き継ぎ、デザインの力を使い、紙のポテンシャルを高めるための新たな活動をはじめます。仕事場であり、サロンであり、店であり、ギャラリーであり、教室のような場所にしたいと考えています。

新しい拠点と活動の名前は、「西荻ペーパートライ」。

デザイナー、イラストレーター、編集者、ライター、カメラマンなど紙に関わるプロフェッショナルが集まり、紙製品、パッケージ、ラッピングペーパー、チラシ、カタログ、本、雑誌、新聞、フリーペーパーなどの紙を使った道具やメディアの可能性を試みるラボ的な場所です。

シェアメンバーは、月、火、水、木、金、土、日の曜日ごとに4名ずつ、全員で28名限定です。

平日は、それぞれの紙周辺の仕事を持ち寄り、休日は、紙製品の販売やワークショップを通じて、全体として話し合いを重ねながら、紙を使う魅力を広げていきます。

JR中央線の西荻窪駅周辺には、デザイン関係者が数多く住んでいます。「西荻ペーパートライ」は、紙とデザインの交流拠点としても機能して、新しい紙の文化の創出や、紙を通じた地域への貢献も視野に入れながら、楽しく、ゆるく、まじめに、進んでいきます。

紙とデザインに関心が高い人。紙に関わる仕事をしている人。様々な人といっしょに活動したい人。考えていることを紙で実現したい人。西荻に活動拠点が欲しい人。情報発信したい人。おまちしています。

募集要項

募集定員
28名 7曜日×4人
申込締切
2016年6月26日(日)
期間
2016年7月~2017年6月 1年間
活動
月4回程度+必要に応じた活動
参加費
1万円/月

施設概要

2階 約12坪

【個別スペース】
約4坪 4デスク
【共有スペース】
約2坪 テーブル 打ち合わせ、ワークショップ
【展示スペース】
約4坪 作品展示、商品販売
【その他スペース】
約2坪 トイレ、キッチン

住所

杉並区西荻北3-31-13-201

説明会

参加を検討している人に向けた説明会を下記の日時でおこないます。

6月12日(日)
10時~12時
6月16日(木)
20時~22時
6月23日(木)
20時~22時
6月26日(日)
15時〜17時

申込方法

以下の内容を明記してメールでお申し込みください。
shu@shuhenka.net
書面選考、面接後に参加を決定します。

1、
氏名(ふりがな)
2、
肩書き、所属
3、
住所
4、
携帯番号
5、
メールアドレス
6、
プロフィール(200文字程度)
7、
参加動機(200文字程度)
8、
希望曜日
月チーム
火チーム
水チーム
木チーム
金チーム
土チーム
日チーム

お問合せ & 応募

「西荻ペーパートライ」発起人

萩原 修(はぎわら しゅう) デザインディレクター、つくし文具店店主

1961年生まれ。みふじ幼稚園、桐朋小中高、武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。大日本印刷で約10年、リビングデザインセンターOZONEで約10年働いた後に独立し、日用品、店、住宅、展覧会、展示会、書籍、雑誌、ウェブサイトなどの企画・プロデュースをおこなう。また、デザインを活かして立ち上げ育てる「プロジェクトファーム」という活動をおこなう。関わっているプロジェクトは、「中央線デザインネットワーク」「国立本店」「国分寺さんち」「国立五天」「コド・モノ・コト」「てぬコレ」「かみの工作所」「テラダモケイ」「ペプ」「かみみの」「3120」「カミプレ」「104」「モノプリ」「仏具のデザイン研究所」「カンケイデザイン研究所」「旭川木工コミュニティキャンプ」「弘前ホロ」「東京にしがわ大学」「たまら・び」など。著書に「9坪の家」「デザインスタンス」「コドモのどうぐばこ」など。株式会社シュウヘンカ共同代表。明星大学デザイン学部教授。

関連サイト

西荻紙店
http://www.nishiogishiten.jp
中央線デザインネットワーク
http://www.chub.jp
運営 株式会社シュウヘンカ
http://www.shuhenka.net

©NISHIOGI PAPERTRY